北欧生活研究所

北欧在住13年。北欧の生活・子育て・人間関係,デザイン諸々について考えています.

Migration 移民申請 No.1

Swedenに来てから初めての月曜日.今日のタスクは,書類関係の手続きをなるべく早く終わらせること.家具を手に入れること.
朝一番に行ったのは,税務署(?)Local Tax Office (lokala skattemyndigheten).ここで,デンマークのCPR(個人ナンバー)にあたるPersonal Identification Number = Personnummerを手に入れられます.これは,Swedish Health Supportを受けるためのもの.これを持っていれば,世界的に有名なあの充実したSwedenの社会保障が受けられる訳です.自転車を買う時にも,personnummerを聞かれました.アメリカのSSN(Social Security Number)のように,日常的に必要な物らしい.
建物は全体的にScandinaviaの雰囲気たっぷりの明るい木製のデスク,椅子が並んだ,明るいオフィス.なんだかディズニーランドのチケットカウンターみたい.しかも,税務署の担当のおじさんは,おそらく50代ぐらいなんだけれど,スティングだ!!本当に公務員か?素敵な指輪のアクセサリーに,左手にTatoo. 洋服もダンディ.アメリカ人のように笑顔は振りまかず,Coolでした.
健作の税金関係の手続きは,すぐに修了.次は,私の移民申請ですが,思ったよりも時間がかかりそう.
移民局に行ってきました.場所は,かなり遠い.夏休みのために,オフィスアワーが短縮されていて,着いたとたんにオフィス閉まりました.また出直しです.夏の間は,12時から2時までしか開いていないらしい.
私が必要な書類は,EU国民の家族に必要な書類 [111031].健作がデンマーク人だから.EUとScandinavia, Switzerlandの人たちとその家族用の書類です.

http://map.hatena.ne.jp/?x=13.031201362609863&y=55.600171823967&z=0&type=satellite