読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧生活研究所

北欧在住11年。北欧の生活・子育て・人間関係,デザイン諸々について考えています.

まるでハワイブランチ、カールスバーグ・グリプトテック

今日は盛りだくさんの一日。旦那のお母様お薦めの
glyptoteketCafe Glytoteketに行っていとこちゃんとブランチしてきました。これは、Glypteketとよばれる、美術館の一角にあるカフェで、Winter Gardenと呼ばれる(冬にでも庭を楽しめるという事か?)スペースの片隅にあります。感想?めちゃくちゃお薦め。ブランチ自体はOK。特に特筆すべきところはないけれど、雰囲気やWinter Gardenを見ながらの静かな土曜日の朝にいただくブランチは、何とも優雅な気分にさせてくれるものです。

その後、美術館を少々見学。ホームページによると、「このThe Ny Carlsberg Glyptotekは、 当時の一大美術収集家だったCarl Jacobsen (1842-1914) (カールスバーグの創業者か?)によって建てられました。名称は彼のビジネス(カールスバーグ)と、彫刻を意味する "Glyptotek"からつけられました。」だそうで、保存を目的として、美術館の建築と美術品の公開とあいなったようです。

現在改築中だそうで、あちこち囲いがしてあったのですが、驚くのはこの建物のデザイン。ガラスと空間を美しく用いた、外見からは想像のつかないモダンな建物です。中のWinter Gardenや、時にコンサート場として使われる大理石作りの部屋はとても瀟酒ながらも昔ながらの雰囲気を醸し出しているのですが、コレクションが置かれている建物の作りととても対照的でした。

夕飯は、Kentを交えて、四人でお食事Sticks'n sushiというお寿司屋さんに行ってきました。Sticks'n Sushiも、スカンジナビアにありがちな、ちょっとおしゃれなスポット。おしゃれ度高いし、お店で働いている人も結構素敵。内装もちょっとこだわりあり。厨房で働いている人が、鉢巻していてちょっとよかった。
びっくりしたのは、お酒の種類。今まではあっても、一種類の日本酒ぐらいしか見た事がなかったのだけれど、ここはちょっとこだわりの日本酒が5種類はありました。これでも驚くべき事なのですよ。
値段もそれなりにOK。一人200DKKぐらいでお腹いっぱいです。お薦めは、海藻サラダ...、とカリフォルニアロール。やはり、海外で食べるなら、創作寿司かな。

そのあと健作お薦めのカフェに。Estate Kaffebarは、どうやらとってもこだわりのコーヒー屋さん。バリエスタコンテストの1位のトロフィーが所狭しと飾られています。雰囲気はちょっとチェーンのカフェっぽくて残念だと思うのだけれど。