読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧生活研究所

北欧在住11年。北欧の生活・子育て・人間関係,デザイン諸々について考えています.

Inbiconがバイオエタノール実証実験工場設立へ

Dongの子会社Inbiconがバイオエタノール実証実験工場設立への政府援助を受けることになった。

第一世代と第二世代のバイオ燃料という区分けがあるが、Inbiconは、第二世代の人間の食料を使わないバイオ燃料の開発を行なっている。

Inbiconの工場は、Kalundborgに設立される。これは、プロダクトチェーンを効率的に行なうため。同じ敷地には、農業組合やスタットオイルなどが居を構える。

Inbiconの処理の流れは、

  1. lignocellulose(リグノセルロース)を分解し、グルコーセに細かく砕く。
  2. enzymatic hydrolysis(酵素加水分解処理) を行なう。
  3. 取り出した糖を発酵させエタノールを生成

参照
地球温暖化防止に向けたデンマーク地方自治体の活動 「大使のデンマーク便り」: 地方自治体のプロジェクト例が紹介されている。
Dongのプロジェクトのレポート
2007年7月に執筆されたEUレポートに関する記事バイオ燃料に関してとても詳しい。第二世代でも問題とされていることは沢山あるのだということがわかる。もちろん、第一世代はもっと問題だ。