読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧生活研究所

北欧在住11年。北欧の生活・子育て・人間関係,デザイン諸々について考えています.

デンマークで最先端のIT活用組織とは?

北欧デザイン学

f:id:jensens:20151102215830j:imageデンマークは、1968年に個人番号制度を導入して、それ以来、国民が関わる医療保険、教育などの各所で、情報システムが導入されてきている。

なかでも税務局(skat)はその先端をいき、新しいITソリューションを積極的に取り入れてきている。そもそも、デンマークの個人番号制度の導入は、福祉国家の基盤となる「納税」を確実に達成させるためが第一目的だったとも言われるわけで、税務局が多くの公共ITシステムのファーストムーバであったことは、特に不思議なことじゃない。

電話によるセルフサービス(Tast-selv)システム、のちのオンラインセルフサービスも税務局から始まった。今では国内で最も利用されているセルフサービスシステムと言われる。もちろん、税務局で実施されたITシステム関連プロジェクトが全て成功しているわけではない。失敗も、予算超過も遅延もあった。

現在、デンマーク税務局は、デザイン戦略企業1508と共に、新デジタルサービスシステム導入を進めている。

Richard Hanlov, Deputy Director of Tax Administration

Mikkel Jespersen,1508パートナー

1508.dk