読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧生活研究所

北欧在住11年。北欧の生活・子育て・人間関係,デザイン諸々について考えています.

コペンハーゲンの街並みはなぜ美しいか

北欧デザイン学

f:id:jensens:20161127144507j:imageコペンハーゲンの街を訪れた人は、口を揃えて街のハーモニックな景観やデザイン性に富んだ町並みを高く評価する。確かに、デンマークの街並みは、デザインの配慮が行き届いているし、一貫制があり、美しい。

コペンハーゲン市の役人が言っていたことで、開眼させられたことがある。話しの文脈は、「コペンハーゲン市の2025年目標、世界初のCO2ニュートラルの都市にする。」そのために、コペンハーゲン市が何をしているか、だ。風力発電電気自動車の導入色々と対策がとられており、太陽光発電に話が及んだ。太陽光発電は、都市における鍵の一つであるということを認めた上で、景観を損なわないために、アパートの屋根で中庭側の屋根にのみパネルを設置する、ことを進めている、んだそうだ。どうりで進めてるという割には、太陽光発電を街中で見ないわけだ。

街のデザイン、人々の心地よさをまず考える。そして、その制約の中での解決策を考える。デンマークの街並みが美しく居続けられるわけがここにあった。