北欧生活研究所

北欧在住13年。北欧の生活・子育て・人間関係,デザイン諸々について考えています.

エチオピア料理@コペンハーゲン

f:id:jensens:20171212222819j:image

以前、Kongens NytorvにあるMOGOGOというエチオピア料理のお店に、旧友に連れて行ってもらって以来、エチオピア料理が大好きだ。

エチオピア料理は、煮込み料理が中心で、肉や豆類のペーストにインジェラという薄いクレープに合わせて食べる。インジェラに煮込み料理をつけて、挟んで、巻いて食べる。手でパンをちぎって付けて、ひたすら食べる。もちろん、手にもつくから手をなめる。そうして食べるから、食後手を洗っても、その後手を洗い続けても翌日や翌々日あたりまで、手が香辛料臭い。

続きを読む

日本式ヒュッゲ

f:id:jensens:20171214052530j:image

世界不思議発見デンマークの「ヒュッゲ」が取り上げられたりしたりと、日本でもデンマーク固有と一般的に言われるHyggeという言葉の認知度が高まっている印象を受ける。小さな頃より個人的にも大好きなテレビ番組である世界不思議発見の最近のデンマークヒュッゲ特集もその一つ。ヒュッゲって何?って改めていう必要もないかとは思うが、ヒュッゲは長い冬だけのものでもないし、ライフスタイルでもないし、どちらかというと、毎日の生活の中に取り入れるとちょっとしてQoLの向上が見込める「自分にとって心休まる心地いい時間を過ごすこと精神」みたいなもんだと思う。

続きを読む

Kalaset: カラセットに行ってきた

f:id:jensens:20171209145403j:image

デンマークは、独特のカフェ文化がある。最近よく聞くHygge(デンマーク)やFika(フィッカ、スウェーデン)とも関係してくるかもしれないが、パリのカフェのようなちょっと気取って行く場所でもないし哲学の場でもない。どちらかというと、居間の延長だ。

マックを膝においてコーヒーを飲んだり、友達とおしゃべりしたり。一人で思索に耽ったり、本を読んだりするそんな場所だ。

昔、偶然入って以来好きなカフェがノアポートにある。

Kalasetというカフェは、まるで自宅にいるかのように過ごす人たちであふれていて、ベジタリアン系の料理が豊富でしかも美味しい。いつも混んでいるのが難点だけれど。

Kalaset: http://kalaset.dk/

都市のたたみ方

f:id:jensens:20171203181225j:imageしばらく一緒に研究や仕事の手伝いをしていてくれたYくんが、日本に帰国することになった。ご挨拶に来てくれたのでちょっとおしゃべりをしていたのだけれども、いつも刺激を受ける。

今後師事することになる首都大学東京の先生の話やら、都市計画をいかに進めていくか。デンマークエコビレッジが参考になるんじゃないか、と言う話は面白かった。

続きを読む

北欧の食事情

 

f:id:jensens:20171128015442j:image

White Guideという北欧発のレストランガイドがある。ミシュランがフランス発のレストランガイドとすると、その北欧版とでも言えるのがWhite Guideだ。欧州の僻地にある北欧のレストランでも、ミシュランの星や推奨をもらうレストランが近年増えたけれども、White Guideは、北欧に特化したレストランガイドを提供しているが故に、北欧在住者にとっては何よりも嬉しい高品質のレストランガイドだ。

続きを読む

ヘルスケアイノベーションの今

f:id:jensens:20171116212037j:image

Healthcare Innovationというコペンハーゲン大学rsk Tårnetで開かれたヘルスケアイノベーション会議に参加してきた。デンマークのヘルスケア関連機関、大学、地方自治体、広域自治体が、一同に会す会議だ。以前参加したCPHヘルスイノベーション - 北欧生活研究所と同じくEUなんかからも資金が来ている参加無料(昼食、シャンパン付き!)!の会議だった。ちなみにこれはメモですので悪しからず。

続きを読む

海外生活の心得


f:id:jensens:20171111032759j:image

海外生活、トータルで20年弱となった。幸いなことに滞在地は先進国ばかり(米国とスウェーデンデンマーク)で、特に危険を身近に感じたことはほぼ皆無だが、きな臭い話を欧州で聞くことが結構日常になってきたという感覚が正直なところだ。

危険そうに思えても大丈夫、特に日本人をはじめとしたアジア人にはトルコ系の人は優しいから…、そん風に聞かれれば答えていたけれども、やっぱりもうちょっと注意しようって思ったことがあった。きっかけは「ゴルゴ13✖️外務省」…。

実はデンマークでは、ここ最近ノアブロと呼ばれる地区で発砲事件がこの一年ほどで42件(昨日11月9日もあったらしい)、ギャング同士の抗争だが一般市民も巻き込まれてる。コペンハーゲンではまだ大掛かりなテロ事件は起きてないけれど、警戒レベルは上から2ランク目のsignificantに指定されているそうで、デンマーク国は今の国内の状況をそんな風に捉えているのかと、ちょっと背筋が寒い。

とは言っても、毎日の生活は平穏極まりなく、スリの心配を時折するぐらいなのだが…、頂いた日に一晩で「ゴルゴ13✖️外務省」完読。初ゴルゴ13でかなり戸惑いもあったのだが、外務省がどういう顔してゴルゴ13とのコラボに取り組んだのか考えながら読んでいるとおかしくて、しかも時折外務省文書が挟まれ、しつこいぐらい「たびレジ」説明があり、「在留届」出しなさい指令もあり、背後に見え隠れする会議@外務省(もしくはさいとう・たかをさんの自宅?)などをイメージしつつ…、書かれている内容も「襲撃されたときの初動体制(初動って何?!)ー最初の30分が勝負-」とか切実かつ実践的で、つまり、真剣に拝読しました。そして、改めて自分の身は自分で守れるようにしておかないと、と思わされた次第です。

f:id:jensens:20171111035321j:image

これからクリスマスシーズンに突入するし、いつ車が歩道に突っ込んんでくるかわからないので、十分用心して毎日過ごしたいと思います。

欧州在住者も平和ボケのみなさんにもおススメです。読むと身が引き締まること間違いなし。