読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧生活研究所

北欧在住11年。北欧の生活・子育て・人間関係,デザイン諸々について考えています.

デンマークのヘルスケア・ビックデータの現状

デンマークの医療

f:id:jensens:20160816183356j:imageデンマークは、個人番号(CPR)が68年から導入され、医療情報データベースも77年に構築され、様々な個人医療保健データが、個人番号に紐付けされて蓄積されている。だから、ビックデータ、IoTの時代におけるデンマークの優位性は確固たるモノだ。そんな話を聞いたことがある人も多いかもしれない。

ただ、実際の所、データベースの互換性が70年代のレガシーシステムから確保されているわけではないし、統合やネットワーク化が想定されていなかった時代から蓄積されているデータを「ビックデータの時代です!」といって即座に活用するということはかなり困難だ。だから、CPRが鍵になり大量の高品質ヘルスケアデータが蓄積されているいう状況であっても、CPRを軸に個人データを抽出し、社会的状況と病気の関係などを分析したり、健康データと知能の関係なんかを割り出すといったようなことが簡単にできるわけでは全くない。デンマークのテク系エッジの効いたデザインコンサルLeapcraftのレポート(Mapping the Healthcare Data Landscape in Denmark)によるとデータエントリーは、初期医療で16箇所、高度医療で15箇所あるというから、それをいかに統合し活用するかは大きなチャレンジであり可能性でもある。

ただ、世界的に見ると、より優位な立場いることは確かだ。リッチなヘルスケア情報が70年だから個人番号を鍵として関連各所で蓄積されていることは事実で、分散し、異なるデータセットの枠組みである状態であったとしても、それは宝の山でありダイヤの原石だと言えるのではないかと思う。

現在の私が関わる研究プロジェクトの一つに、EU資金を獲得して始められたREACHプロジェクトがある。このREACH2020は、4カ国17組織(大学、医療保健関連機関、企業)があつまる700万ユーロのEUプロジェクトだ。このプロジェクトは、高齢者の健康維持・個人にテーラーメイドされたヘルスケアを提供するためのサービスシステムの開発を目的とするもので、モチベーション技術やセンサーを活用して、治療やケア環境を個人ニーズに合わせる方法が模索されている。その鍵となるのは各種センサーなどIoT(Internet of Things)だ。いわゆる一般的にIT機器として認知されるようなロボットのようなもではなく、ネットワークに繋がるセンサー内蔵型の家具やムードセンサー、バイタルセンサー、活動測定センサーなどの環境に溶け込み、リアルタイムでデータを収集し、結果的にさりげなく健康維持や回復を支援し、運動を促すことに貢献することができる可能性を秘めたインターネットに接続されネットワークされたモノ、IoTである。

仮にこのREACHプロジェクトで収集される個人のバイタルデータや行動データなどを、個人の病歴や健康履歴とリアルタイムでクロス分析することができれば、より長期的な視点からの望ましい治療方法やリハビリ方法、健康促進手段につながるんじゃないだろうか。長年のヘルスケアデータの蓄積があるという意味で、このような近未来の(予防)医療が国家規模で実現に近い場所にいるのがデンマークなのではないかと思う。

ちなみに、IoTは様々な分野で注目されているが、よりポテンシャルが高いと思われている分野の一つとして、医療保健健康分野がある。デンマークのITを考える上で、またIoT、ビックデータを考える上で、この分野はかなり面白い試みがされている。

 

uberが成立しない国

f:id:jensens:20160801035708j:image

7月初旬、uber運転手が40項目近く法に抵触しているとの判決がコペンハーゲン裁判所で下された。もちろんタクシーの運転手が2014年の導入以来声高に廃止を唱えていたんだけれども、一つ決着がつきかけているようだ。

デンマークはタクシーの運転手はライセンス制。無駄にタクシーを増やさないように、またクオリティを保つように労働組合が頑張っている。比較的快適な車内に、高額のタクシー運賃。uberを使ってみたけれど、運転手は比較的怪しいし、料金もそこまで変わらない。意図的なものを感じるけれど、uber車内でのレイプなどの報道も比較的よく見る。

一方、発祥の地米国で使ってみたuberは、かなり快適だった。価格は1/3、車内は清潔で、運転手もとても礼儀正しい。ピアレヴューがかなり功を奏しているようで。

一般的タクシーとのクオリティの差が、uberの浸透に影響を与えているとみた。米国のタクシー、汚いし臭いし、シート破れているし…。でもそんな状態ではuberの許可は下りないんだろう。

新しいアイディアも社会状況によって受容度合いが大きく変わる。

働き方、生き方

f:id:jensens:20160729193453j:image皆、違うと知ってる。どうにかしなくちゃ、変えなくっちゃって思っている。それなのに、変わらないのが、日本の「働き方」だ。日本の労働環境は「一億総ブラック」と、昨日会った方が言い、言い得て妙だと変なところに感心してしまう。

 

今日も一日中、働き方について考えていた。

 

デンマークに人たちは、自分の理想とする人生を送るために、仕事を変える。仕事に満足している人が多いのは、好きな仕事を追い求め続けることを止めずに、その時の最善のチョイスを得ていると自負できているからだろう。何がしたいのか最初からわかっている人はいないし、1-2ヶ月の就活で、一生の仕事が見つかると考えているのであれば、それは虫が良すぎる。知り合いは夏休み1ヶ月欲しいからと言って教師を目指し、違う職についた後も諦めずに今は転職して高校の先生になっている。公務員だったけれど民間で働き、今エストニアで博士をしている人もいる。

 

その時の環境や目的意識の変化によって、軌道修正をしつつ、フレキシブルに仕事を変える。自分がどう生きたいか、そんな視点で仕事を真剣に考えているからなんだろう。

 

デンマークでの口頭試問の受け方

育児教育

f:id:jensens:20160625050814j:imageデンマークを始めとした北欧の大学では、学部レベルから試験で口頭試問がある。授業の最終評価方法は多種多様で、レポート提出や選択肢式テスト、筆記テストばかりでなく、口頭試問や、持ち帰り試験(与えられた課題を指定の時間ないに解き提出する。24時間とか72時間とか...)などがあったりする。

私が今季担当していた「新規事業コンセプト開発」の授業では、口頭試問が最終試験として予定されていた。口頭試問といっても形は様々で、私が担当したものは、1ヶ月前に提出したグループレポートに基づき、個人で30分、口頭試問を受けるというものだ。30分といっても、内訳は、5分の発表、15分の討議、そして10分の2人の評価者同士での考査であるから、実質20分の発表と言っていいだろう。

日本の面接のように圧迫面接があるわけではない。また、気を逸らすものがあえて用意されているわけではない。自分たちが執筆したレポートの中で、自分の好きなトピックを選んで、5分間話すだけだ。ただ...このような口頭試問は、デンマークの学生はそれなりに慣れているのだろうが、日本の交換留学生にとってはかなり厳しい試験なのではないかと思う。不文律が多すぎるのだ。

第一に、ルールが明文化されていない。もちろん内訳や受け方は、事前に解説されることが多いが、どの程度準備していくべきか、最初の5分発表の内容をどのように選択したらいいのか、「習うより慣れろ」的な部分が多い。今回、私が担当していた授業には、交換留学生が数人いたのだが、彼らの評価は非常に低かった。担当試験官によると、「交換留学生はただ質問されるのを待っていた」んだそうだ。きちんと事前にデンマークの口頭試問について解説していたとは思えない。

第二に、センサーと呼ばれる外部評価者はかなりの曲者であることが(経験値でも)多い。センサーは、授業について理解している人ばかりではなく、もちろん個々の学生に関する理解にも限界がある。そのような学生の数ヶ月間の学習評価を、レポートと5分プラス15分のインタラクションで実施するわけだ。もちろん、この2人体制の評価は、担当教官が特定の学生を贔屓したり、逆に個人的な理由で低評価することを避けることはできるけれども、発表が苦手な人や緊張してしまいがちな学生にも、通常のレポートや授業態度やプロジェクトの関わりなどで情状酌量できず、予想外の低評価にならざるを得ない場合がある。

今回私が試験を担当したイダやニックはまさにそのような学生だった。いつも授業にも積極的に参画してグループを引っ張っていたイダと、授業には参加せずグループワークも理由をつけてはサボりグループのお荷物だったニックが同じ評価になってしまったのは、今思い返しても胃が痛くなる。イダは、緊張気味だった上に、センサーの専門分野に入り込んで墓穴を掘ってしまった一方で、ニックは、あえて言わせて貰えば、おしゃべりが上手だった。

デンマーク学術界の不文律で、「センサーの意見には逆らうな」というものがあるが、今回ばかりは、センサーを説得することかなわず、無念で仕方ない。センサーのイダの評価を一段上げることができたのは、不幸中の幸いだろうか。「かろうじてパス」の評価を下そうとしたセンサーに、どう対抗できたのだろうか、数日たった今でも後悔とぐるぐる考察が頭をよぎる。

そんな状況にならないように、(もしくは巻き返しを狙い「ニック」作戦でいく方も)日本人の学生でデンマークで口頭試問に臨む方は、是非ご一報ください。事前に色々とビシバシアドバイスはできますよ。

 

デンマークの教育は「自分探し」の旅

育児教育

f:id:jensens:20160618193540j:image過去数カ月にわたり、デンマークの教育とイノベーションの関係を模索していた。デンマーク人は創造的だと言われることが多いし、没頭してとてつもない飛躍を遂げたり、少し外れたアイディアを一生懸命追求し身を結ぶことも多いように見受けられる。面白いことをやる人、視点を持っている人が多いのだ。そして、多くの人が誇りを持って追求している。好きこそ物の上手なれとはよく言ったもので、好きなこと、一生をかけてやりたいことを探し、それに没頭するデンマーク人。好きなことを見つけた人は、自分で自分の道を切り開く。そのような周囲の価値観にとらわれない姿は、本流から外れても気にしないなど、潔くも美しい。

何が言いたいのか。一つの正解があるのではなく、自分の正解を探させる教育、それがデンマークの教育だということだ。自分の人生の軸を探させることを追い求めているのがデンマークの教育ということだ。これが、現段階での私の理解である。

子供が学齢期に達してから、デンマークの教育に関心が深まってきたのだが、初期は主に日本の教育方法とデンマークの教育方法が大きく異なることからジレンマとして表出してきていたのだと思う(デンマーク式教育再考)。デンマークの教育との孤独な闘いを通して、次第に、デンマークの教育方法には、その根底に「どう学ぶか」ひいては、「どう生きるか」という柱が一部意識的に、多くは無意識的にあることが見えてきた。日本の教育にも良い点が多々ある。ただ、今後、子供達にどう生きて欲しいのかと考えると、デンマークの教育は...、悔しいけれども、私の中では軍配があがっている。

ちなみに、これは、めいむちゃんと議論したことの備忘録で、誰かの役に立つかなと思って、外在化してみたものだ。

続きを読む

デンマークの病院のサービスの質について

f:id:jensens:20160530022538j:imageデンマークの病院に当事者として関わることが多々あり()、それなりにデンマークの医療について一家言出てきた今日この頃。特に、病院におけるサービスについて、色々と考えるので、それについて備忘録として記録しておく。

手術前のブリーフィングjournaloptagelseに病院に娘と義理の父(デンマーク人)と行った時のこと。旦那が出張中で、一人で行くはずが、朝の8時に検査ということで娘を学校に送っていくには間に合わず、また、たまたま義理の父が我が家にいたことから、なぜか3人で行く羽目に。到着したら、前回検査で1時間待たされたのとはちがって、すぐにコンサルルームに呼ばれた。幸先良し。その後も待たされることなく、対処も不可分なく。特に問題ない訪問で、どちらかというと私の印象は「無駄がなく、効率的プロセス」よろしい。だった。ただ、帰宅後、義理の父が、憤慨して私に言った。「事務的で失礼な医師たちだ!」

手術後の翌日検査に行った時のこと。まだ周囲がよく見えないので、旦那に手を引いてもらいながら。これまた、それほど待たされることなく通された。診察は、2〜3人が、立ち替わり入れ替わり。いや、実際は私が移動するのだけれど。医師は、早口で質問し、手際よく検査する。検査や問診の最中に、看護師やら技術士が入れ替わり立ち替わり、医師に指示を仰ぎに来る。医師も、出たり入ったり忙しい。一般診察室なのに、まるで戦場。その後、移動して待っている間に、目の前にかかっているホワイトボードを見ていて気付いた。旦那と話してて合意したのは、そのボードは、出欠表部屋割り表なのだが、病欠を取っている人が、少なくとも10人中3人。

2つの例で何が言いたいのかというと、医療治療技術や質でいうとデンマークは悪くないんじゃないかなという一方で、課題は結構深刻ということ。

義理の父は、ガンが発見された時、日本でも珍しいロボット治療が地方の病院で可能で、ことなきを得た。つまり、地方にもそのような高額先端機器が備わってるということだ。最近も、日本人が地方自治体のアレンジでアメリカにガン手術に行った。デンマークでは、その特殊な癌治療のための機器がなく米国のデンマーク人村が所有していることがわかったために米国での治療とあいなった。その費用は全て国持ち。家族の渡航費も国持ち。散々デンマーク医療について否定的な意見を言っておいて、今更なんだ、と思うかもしれないが、デンマーク医療の課題はその医療の質にあるわけではない。

病院サービスのサービス受領側になり考えたのは、デンマーク医療の課題は、デンマーク社会の強みとなっている部分(ワークライフバランスとかフレキシキュリティ)がうまく機能していない、もしくはその強みが守られているために起こるんではないだろうかということだ。

医療関係者の圧倒的な精神的余裕のなさと仕事量の多さは尋常ではない。これはどこから来ているかというと、一部、デンマーク独特の社会構造からだ。デンマークは人件費が高いから、簡単に人を雇用できない。独立性が高いから、看護師は「医師の秘書」であることを拒む。だから、医師は誰でもできる本質ではない仕事(カルテを運んだり、看護師を探しに行ったり、患者の車椅子を押したり)もしなくてはならない。医療は少ない人数で回さざるを得ず、そこで、病欠が出た場合は、高技能者である医師を含めた既存メンバーでカバーするしかない。

幸せの国は、どこかに存在するわけではなく、模索しながらつくっていくものだと、誰が言ったんだっけ。

 

 

ノルウェー人の常識

再びノルウェーNRK製作のKampen om tungtvannetの話。この作品、ノルウェーNRK製作だけれども、ノルウェー語英語ドイツ語が入り混じり、一見ノルウェー製作だとわからない。だから初めは、特にノルウェーが作ったことに注意を払ってなかった。

ノルスク・ハイドロ重水工場破壊工作 - Wikipedia

youtu.be

 

48年?に作られた同様の工作をテーマにした映画は、まさに映画らしさ満載で、演じている感が満載すぎて真実味が薄い。一方、NRK製作のものは、侵入や破壊工作のプロセスが丁寧に描かれ、あまりにも派手さがなくて逆に緊張感を高めている。

ノルウェー工作員チームが悪天候のために、予定外の場所にパラシュートで降ろされたシーンでは、エリアに吹雪の中、数十キロ離れた戦略室となる山小屋までスキーで訓行していかなくてはならなかったノルウェー人チームの姿を見ていられなかったし、後発隊(イギリス人部隊)が全滅しミッションを実施できず、食料のない冬山で次のミッションの知らせを待たないといけないとか、無茶な作戦すぎるんじゃないかと思わずにはいられなかった。

ただ、ノルウェー人にとっては「十分実現可能な戦略」と思っていたことが明らかで、常識や冬山・サバイバルスキルの違いに圧倒された。あまりの過酷さにめまいがしそうになっていたけれども、NRK製作だとわかってからは、少し安心して鑑賞することができた。

特に、ハダンゲルの山を熟知してるノルウェー人たちが、テレマークスキーを駆使しながら戦略を実現させていくシーンは秀逸だ。冬山を何日もかけて横断してスウェーデンまで渡ったり、1ヶ月間食料なしで冬山で収集狩りのみで生き延びたり、数千人のドイツ軍をスキー一本でかわしていったり....、冬山での北欧人のサバイバル能力の強さを見事に示している。私にもそしておそらくイギリス軍にとっても、どう考えても実行不可能に思える作戦が、ノルウェー人的常識では可能な作戦となる。「まず、誰も崖を登ると考えないから警備も厳しくないよね」というシーンは、日本の戦国時代の数々のストーリを思い起こさせた。

NRKは、いわゆる日本のNHKに当たるノルウェーの国営テレビ局、国営とはいえ、国の誇る物語を全く知らない私のような人に届け、そして感動させるその力量に感服だ。Kampen om tungtvannetは、全6回なんだけれども、しばらく次回が楽しみでたまらなかったし、全話見終わった今も、この戦略の素晴らしさやノルウェー人の素晴らしさに、思い出すたびに震えがくる。

あぁ、私には、第二次世界大戦ノルウェーの冬山も越せない。

 

youtu.be