北欧生活研究所

北欧在住13年。北欧の生活・子育て・人間関係,デザイン諸々について考えています.

コペン北部の隠れ家レストラン

f:id:jensens:20150523220627j:image

デンマークの日刊紙Børsen で紹介されていたコペンハーゲン北部のシャルロッテンルンドにある開店半年ほどの新しいレストランRestaurant Wilhelm。隠れ家的なスタイルはデンマークでは流行らないのかと思っていたけど、オーナー曰く、「まだ、1年経っていないが、それなりに経営は安定してきている」とのこと。今後大化けする可能性高いと思う。

f:id:jensens:20150523220611j:image

何しろnew Nordic cuisineに特徴的だが、このレストランのメニューは、素材の味で闘っているのだ。一つ一つの野菜の肉の味にパンチが効いている。
毎週メニューが変わるのも○。
 
料理に使われる食材の多くは、南スコーネ(スウェーデン南部、コペンハーゲンからも橋でアクセスが便利)や近郊でつくっているという。典型的なスローフードだ。スタータ(スナックと言う)で出てきた白アスパラもデンマークのものだという。クランチーなディッピングをつけて食べるんだけれど、食感がしゃりしゃりしているとこからも、たぶん生食なんだろうと思う。アスパラを生で食べる経験がなかったのだが、これが非常に美味しいかつ新鮮だった。