北欧生活研究所

北欧在住11年。北欧の生活・子育て・人間関係,デザイン諸々について考えています.

デンマークのリビングラボ

 

f:id:jensens:20160319112631j:plain

昨年末に執筆した記事が、デンマーク日本人会の会誌に掲載された。題して、「福祉テクノロジーを醸成、リビングラボの挑戦」。デンマークにおける福祉テクノロジー事情と新しい実証実験のカタチ「リビングラボ」について執筆したものです。見開き2ページの短い記事なのだけれども、新しい技術を社会に導入する際の課題はどのようなものなのか、さらに社会における技術の導入をより望ましい形で実現するためにデンマークが積極的に採用する方策「リビングラボ」とは何か、という社会的要素の強い先端技術の紹介と、リビングラボの導入的な記事になっています。

一部を抜粋すると、

技術的優位性があっても、その技術の本質が理解されるか、技術をうまく社会のニーズと融合させることができるかどうか以外と難しい課題である。技術を社会に導入するときの課題としては、技術の背後にある意図を、その技術を見ただけ、また時間の経過を経ずに理解するのは非常に困難である、また、状況を切り離して理解を試みても、本来の意味づけを理解するのは困難である、といった点が挙げられる。

技術と人との複雑な関係に橋渡しをしようとする興味深い試みが、北欧や欧州全体、そしてデンマークで盛んになっています。それは、技術を社会に大規模導入する前に、実際に生活の場やそれに近い形で、関係各所を巻き込んで使ってみよう、使い込んでみよう、そして改良してみよう。そしてそれを満足するまで繰り返し、トコトン最上の形を追い求めようという反復のイノベーションの試み『リビングラボ』です。リビングラボは、一般人を含めた利害関係者を巻き込むための工夫を提供し、長期的視点で社会の中の技術の位置付けを探る試みです。

さて、デンマークは、積極的に産官学連携を進めていて、実証実験なんかも積極的に行っているわけなんだけれども、最近、このリビングラボが産官学連携であちこちに生まれてきている。

タイミングよく、日本企業から依頼があり、2015年度に日本企業の依頼で、在外研究でいらしていたK教授と一緒に、北欧を中心とした欧州のリビングラボの現状を調査し、実際に足を運び、インタビューなどを実施してきた。年度末を控え、その報告書が完成間近だ。

リビングラボについては、知らないわけではなかったけれども、改めて調査してみると、本当に興味深いケースがたくさんあった。デザイナーのK教授と私の関心事は少しずつずれていることもあって、より広範囲でカバーすることができたと思っている。一般に公開できるようになるかはまだ未定だけれども、ぜひ多くの人に読んでもらえる形になってほしいものだ。そうなった場合には、また報告させてください。

今回の調査には入れることはできなかったのだけれども、そのほかにも面白いリビングラボデンマークにはたくさんある。特に最近興味深いと思っているものの一つは、コペンハーゲン市のスマートシティの取り組みだ(DOLLAlbertslund Living Lab, Lighting Metropolis, Gate 21Copenhagen Solution Labなど事例はたくさんある)。例えば、光に注目したDOLLは、街路灯などの光を活用し、情報ネットワークをメッシュに張り巡らせ、都市全体データ基地化してしまうという計画を立てている。コペンハーゲン市及び一帯には、何箇所もリビングラボが設立されており、オフィス街や住宅街の一角が、リビングラボになっている。光通信のハブが設置されている場所もあり、その光通信(Lifi<-WIFIならぬ光FIだ)を使って通信すると、スターウォーズ全6作、HDバージョンが、20秒でダウンロードできてしまう速度だそうだ。

光をゲートウェイにすることでできることがたくさんあるんだと、改めて感心。光通信素晴らしい!街路灯の取り換え時期を迎えたコペンハーゲン市は、インフラ再整備の一環として、将来を見越したネットワーク整備も同時に行っていて、こんなところに、フレキシブルで効率性重視、横連携を進めるデンマークの強さが見えるのかも。

f:id:jensens:20160320215815p:plain

そのほか、リビングラボでは、ビックデータの活用なども一つの鍵となっている。例えば、Copenhagen Solution Labは、光というより、どちらかというとビックデータの街における活用が中心だ。

今後も、コペンハーゲン市ではリビングラボという器を使って先端的な技術が段階的に導入されていくことになるだろう。まだ利便性が保証されていないけれども可能性が高い技術やサービスの実証実験ができる場、リビングラボ。リビングラボは、コペンハーゲン生活をもっと楽しくしてくれそうだ。