北欧生活研究所

北欧在住13年。北欧の生活・子育て・人間関係,デザイン諸々について考えています.

ゴリラパークに行ってきた

f:id:jensens:20170716184634j:imageデンマークには、冬の長い国らしく室内ジャングルジム施設や室内プール施設があちこちにある。体を動かしたい子供たちを抱える我々は、よくそれら室内施設に行こうと子供たちにねだられるのだけれども、せっかく夏だし屋外で類似施設がないかどうか探してみた。それで、見つけたのがフュン島スヴェンボーにあるゴリラパーク

gorillapark.dk

 f:id:jensens:20170716184654j:image一番楽しんだのは自分だったかもしれない。スナップフック(?)と言われるツールを使って、安全性を確保しつつ、ロープを伝って木を登ったり、ターザンのようなスライディングをしたり。

このようなアウトドアジムは初めてだったのだけれども、初めに40分ほどツールの使い方などのレクチャーを受けて練習をする時間を十分取るし、レベルが段階的に挙げられていくのでその経過でも練習ができる。難度や高度はレベル毎に上がっていくので、順番にステージを移動すれば、なんてことない。4時間の制限時間の間に8歳の娘と結局レベル5まで終了できた。ただ、娘は身長がまだ140cmほどで力もないので、難しいスポットもいくつかあった。時折足を一生懸命伸ばしても届かない渡り廊下があったり、セキュリティシステムが重くて持ち上げられず、横から母が重いツールを持ちながら木を登ったり。旦那は、4歳の息子とレベル1-2を複数回繰り返していて、ちょっと申し訳ないなと思ってはいたけれども、本人たちは楽しそうだった。ここだけの話、旦那は高所が嫌いで、おそらくレベル3の木の間をロープ伝って移動するとか好きじゃないからちょうどよかったかも。

あと、2年もしたら家族皆で楽しめるようになりそう。

このゴリラパークは同じ系列でユトランドのヴァイレにもある。